アイキャッチ画像
次女が愛用しているノートパソコン『東芝 DynaBook Satellite 2550S』ですが、何しろ古い代物なので光学ドライブはCD-ROMしか付いていません。でも、最近映像系に目覚めた次女が自分の部屋で好きな時に見たいと言い始めまして・・・
そこでCD-ROMをDVDコンボドライブに変更する事にしました。
早速、中古の抜き取り品をネットで見つけて購入!
パソコンの分解作業に取り掛かりました。(バッテリーは外しておきましょう)
キーボード留めネジ

まずは、キーボードを留めている留めネジを外します。ネジはキーボード下のカバーで隠れていますので、このカバーを爪で外します。次にキーボードを液晶ディスプレイ側に持ち上げて、下に隠れているフラットケーブルを外します。
フラットケーブル1フラットケーブル2

次に内部固定用のネジを3箇所外します。(赤丸部分)
内部ネジ

ここまで作業を進めたら、一旦キーボードを元の位置に戻し(ネジ留めはしません)液晶を閉じてパソコンを裏返します。写真を参考に、またまたネジを外します。(赤丸部分)
本体裏

更にパソコン背部のネジ2箇所を外します。
ネジ背

ネジを外し終わったらパソコンを表側に戻して、手前側からゆっくりと持ち上げます。
本体開け

本体奥側はキーボードのフラットケーブルと液晶ディスプレイのケーブルが繋がっているので、切らないように(外さないように)注意しながら持ち上げます。
キーボードフラットケーブル

私の場合、持ち上げ過ぎて液晶ディスプレイを繋ぐケーブルが外れてしまい、しかもその事に気が付かずに組み上げてしまい、壊したのかと焦ってしまいました

さて、問題のCD-ROMですが内部で端子がネジ留めされていました・・・簡単には取れないわけだ!
ドライブネジ留め

このネジを外せばCD-ROMが本体から外せます。あとはCD-ROM本体に付いているステーを外して新しく設置するDVDドライブにステーを取り付けて、元の通り組み上げれば終了です
ステー

難易度は然程高くは無かったのですが、結構面倒ですね・・・
とりあえず、無事に交換作業は終了したのですが、どうもパソコンとDVDドライブとの相性が悪いらしくDVDを再生させるとスピーカーから物凄いノイズがでて、とても実用的では有りませんでした。しかもドライブが熱を持つので、結局使用を断念!(日立LG製)
でも、しかし、諦めきれないのでThinkPad T21に積んでいる松下製のドライブを外してSatellite2550Sに移植する事にしました。(ベゼルは別の物です)
TEAC

デバイスマネージャー

DVD再生

松下製のドライブは、実に順調に認識・動作しました。DVDの再生もかろうじて可能ですし、動画もGOM Playerを使えば、何とか見る事が可能でした。

このまま、無事に終了!!
     

     

     

     

     

     

っと思ったのですが、CDブートさせようとしたところIDEエラーが出て止まってしまいました
BIOSで設定を確認してみると、どうやらセカンダリーのマスターを要求しているようです。
BIOS

っと言う事で、DVDドライブの45-47ピンにアルミテープを貼って強制的にセカンダリーのマスターにしちゃいました(ダイソーの台所用品売場にシンク用のアルミテープがあります。これでOK)
ショート

今度こそ、CDブート出来ました♪
Knoppix

↑流石に最新のKnoppixではXwindowの関係で起動失敗するので、随分と懐かしいKnoppix3.1で起動確認してみました。快調に起動しましたよ
スポンサーサイト



98like
98like

埼玉に潜伏している、チョイ悪親父です!
見かけても石は投げないで下さい。
m(_ _)m

管理者:よっしー

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック