アイキャッチ画像
先日、無事に作成完了したMX4SIOですが、どうにもOPLで認識されず色々と試してみました!
MX4SIO-9

まず疑ったのはMicroSDカードです。
だいぶ相性があるらしく手元にあった
BUFFALO 8G → NG
Kingston 16G → NG
中華なノーブランド 64G → NG
Gigastone 128G → NG
メーカーもサイズも色々と試してみましたが全てNGでした(+_+)
SDカードのフォーマットはFTA32!
フォーマッタも幾つか変えて試しましたが全滅(>_<)

はんだ付けに関しては前回導通チェックをしているので大丈夫なはず・・・
次に疑ったのは端子の接触不良です。
無水エタノールでフキフキしてから接点復活王を塗付!
しかし、認識せず(T_T)

ここで めげずに次にOPLのバージョンを変えてみます。
最初は公式?な安定板の最新バージョンV1.1.0[コチラからどうぞ]
やはり認識せず!

次にベータ版のバージョンV1.2.0[コチラから]
こちらも認識せず!

う~~~ん!どうした物か・・・( ̄д ̄)

とりあえず、OPLを日本語化して一から設定を見直すことにしました。
MX4SIO-12
まずはメインメニューから設定を選択します。
MX4SIO-13
この中の「BDM開始モード」を自動にしてブロックデバイスを選びます。
MX4SIO-14
ありました!!
この中の「MX4SIO」の欄がオフになっていました(;゚Д゚)
これをオンに変えてからメインメニュー画面まで戻って設定を保存しましょう♪
すると

 

 

 

 

 

キタぁ~~~\(^o^)/♪


MX4SIO-15

ついに自作のMX4SIOが認識しました(*^▽^*)
自吸したゲームの起動を確認してみます!
MX4SIO-16
CDのゲームの起動を確認!
MX4SIO-17
Blu-rayのゲームの起動を確認!!

CD・Blu-ray共に快適に起動することが確認できました(^^♪
ちなみに、吸出しは定番の「ImgBurn」を使用しました。
CDのゲームはISOイメージに変換する必要があります。変換は「PSXiSO-0.1R4」を使用しました。
SDカードのルートに「DVD」と「CD」それぞれのフォルダを作り、その中にISOイメージを入れましょう♪

再起動した際などにMX4SIOが認識しない事がありますが、その時はMicroSDカードだけを抜き差しすると認識しました!


※結論※

今回のMX4SIOの作成は成功に終わりました。
ベータ版ですがOPL V1.2.0を使う事でSDカードのフォーマットもexFATが読み込める様になるので1ファイル4GBを超えるISOイメージも分割等をすることなく扱う事ができました。
最初に試した全てのSDカードが認識できました。
まだまだ発展途上のようなので今後の進化にも期待が持てますね(#^^#)

さて、次はPOPStarterを使ったPS1ゲームのディスクレス起動にでもチャレンジしてみますかね(^^)
スポンサーサイト



98like
98like

埼玉に潜伏している、チョイ悪親父です!
見かけても石は投げないで下さい。
m(_ _)m

管理者:よっしー

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック