アイキャッチ画像
PS3 2000A

先日タンタルコンデンサーを追加修理したYLODなPS3ですが色々と検証した結果、PS1およびPS3のゲームを行う限りは特に問題なく動く事が分かりました。
CFWにしているので本来は使用できないPS2のゲームもエミュレーションで再現できるのですが、このエミュレーションが非常に高負荷を掛けるらしく、試しにPS2用のバーチャファイター4をパソコンでバックアップを取りPS3に転送して起動を確認したところ、必ず数分でピピピっ!と電源が落ちることが判明しました。
電源が切れたあと再度スイッチを入れると普通に起動し、PS1やPS3のゲームはそのまま普通に遊ぶことが出来ましたが、PS2のゲームを起動するとやはり数分でピピピっ!と電源が落ちました。
これは、やはり、追加のタンタルコンデンサーだけでは静電容量が足りないのだと思います。

そこで、今回は元のプロートライザーを外して完全にタンタルコンデンサーに置き換えてみたいと思います。
プロートライザーはラジオペンチやカッターなどを利用して無理やり外しました。
基盤には一部パーツが残っていましたが、気にせずその上から予備はんだを流しました。
タンタル7
タンタル8
プロートライザーは表面に2つ、裏面に2つ!
今回は裏面の2つをタンタルコンデンサーに置き換えます。
プロートライザー1つの静電容量が1000uFなのでタンタルコンデンサー330uFを4つ使います。
容量オーバーの分は表面の補てんと考えればイイかな(;^ω^)

タンタル9
タンタル10
かなり窮屈で はんだポイントも取りづらくて苦労しました!
今回はより高温になる70W(温度調節機能付き)の半田ごてを新たに調達してチャレンジしましたが、それでも基盤側に熱を取られてなかなか はんだが溶けず手こずりました(;^_^A

PS3-1-4

キタァー----(^O^)/~~♪

だいぶ汚い はんだ付けでしたが無事に起動しました。
問題のPS2のゲームですが、とりあえず1時間程度デモを流し何回かプレイしてみましたが今のところ電源が落ちることもなく快適に動いております。

余談ですが、このPS3はBDドライブも読み取りがNGでCDのゲームは読み込みができましたが、BDのゲームは読み込めませんでした。
元の持ち主いわく、YLODになるまでは普通にゲームをBDから読み込んでいたと言うことなので、とりあえず分解してピックアップレンズを無水エタノールでコシコシ磨いてみました。
2回ほどコシコシしたところ読み込むようになりましたので、BD不良の方は試してみる価値アリかもしれませんね!
スポンサーサイト



98like
98like

埼玉に潜伏している、チョイ悪親父です!
見かけても石は投げないで下さい。
m(_ _)m

管理者:よっしー

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック