アイキャッチ画像
Ubuntu-T21

最近のLinuxはWindowsに負けず劣らず凄いぞ!
・・・っと、職場の知人に強く勧められたので、私もLinuxを体験してみようと思い導入を決意しました
ちょうどPS3にもLinuxが入れられると言うし、色々と勉強するのもいいかなぁ~っと軽く考えて始めたのですが、これが悲劇?の始まりでした

そもそも、私がLinuxを最初に知ったのは、今から数年前にCD一枚でOSをブートできてWindowsが壊れてパソコンが起動できなくても中のデータが取り出せる、との触れ込みで一躍有名になったKnoppixでした。確かにCD一枚でパソコンを起動させることが出きるのは、画期的で凄かったのですが実用レベルでは無く、とても常用は出来ずに、ただ試して終わりでした。
その後、まだフリーだった頃のRed Hat Linuxを試してみたのですが、Windows機でのデュアルブートを前提にしたインストールを試みましたが、失敗に終わり断念しました。
更に懲りもせず、次はAdvanceCD(AdvanceMAME)に挑戦しました。これは、CD一枚で最小構成のLinuxを起動させてその上でマルチアーケードエミュレター(MAME)を起動させる物です。
こちらもKnoppix同様にすんなり起動はするのですが、肝心のMAMEのROMを追加する術が見つからず、MAMEは動いてもゲームが出来ない状態でした

その後、すっかり離れていたのですが知人から複数枚の様々なLinuxのCDを貰ってしまったので、手始めにCDから起動できるLiveCDを試してみました。
導入予定マシーンはIBMのノートパソコンR51です。PenM1.5Gですから、能力的にはイケてると思います。まずは知人一番のお勧めUbuntuの起動です。実にアッサリと起動に成功して、Windowsとは異なる見慣れないデスクトップ画面がお目見得しました。ちょこっと弄ってみましたが、それこそ通常利用(インターネット見たり・メール読んだり・動画見たり・音楽聞いたり・・・etc)においては、全く問題無しの完璧動作です
足りないコーデックやら何やらは自動的にインターネットから拾ってきてインストールしてくれるし、かえってWindowsより親切?っな感じがしました
んでもって、調子こいてIBMのノートパソコンT21君にインストールをしてみました。こちらはPenIII800Mhzですから今時の物と比べると能力的に低いですが、先に述べたような通常利用なら問題ないと言った所です。
まあ、とりあえずインストールは普通に終了したのですが、早速不具合発生!!




現在、その不具合マシーンでこの記事を書いていますので、詳しい内容は次に書かせていただきます・・・
スポンサーサイト



98like
98like

埼玉に潜伏している、チョイ悪親父です!
見かけても石は投げないで下さい。
m(_ _)m

管理者:よっしー

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック