アイキャッチ画像
先日、通電チェックは出来たもののOS起動にまで至らなかったAPAD(E7001 iRoBot)を分解してみる事にしました。
こちら「scrap and build さん」とか「電子工作、JUNK PC等遊び さん」の記事を参考に、内部基盤のハンダクラックあたりが原因ではないかと踏んだからです!

まずは、ダイソーさんで強力吸盤を購入しました。
apad2-1

この吸盤をAPADの画面上寄りの位置に固定します。
おもむろにグイッと持ち上げると、以外にアッサリ画面が浮きあがります
apad2-2
↑この時、勢いが強過ぎると本体下側に接続されているフラットケーブルの破損に繋がりますので十分に注意しましょう!

apad2-3apad2-4
↑このフラットケーブルを切らない様に注意しましょう

apad2-5
↑画面カバーを外した状態です。

apad2-6
↑液晶画面を外します。この時も、フラットケーブルを切らない様に十分に注意して持ち上げます。

apad2-7
↑保護シールを剥がして、フラットケーブルを押さえている黒いツメを起こせば簡単に外す事が出来ます

液晶画面が外れたら電源周りの基盤やメイン基盤のハンダ箇所を再度ハンダ付けを行ってみます。
apad2-8
apad2-9
↑とりあえず、フラックスを塗って再ハンダしてみました。初期状態は多少、芋ハンダ状態だったのでかなりイイ感じになったと思います。

apad2-10
apad2-11
↑バッテリーとメイン基盤が繋がるハンダ箇所はリード線がかなり心もとない状態でした。
スピーカー線もむき出し部分が基盤と接触しそうなほど出ており、かなりいい加減なハンダですね
この辺も修正してみました。

さあ、心当たりのある個所は全て再ハンダを行い、とりあえず、完璧!?な作業でしたよ
分解とは逆の手順で組み立て直して、再度チャレンジです。

結果は

  ・

  ・

  ・

  ・

  ・

  ・

  ・

NG!!


結局、アダプターを挿し込むと充電ランプ(赤)が点灯します。電源を入れると画面左上にペンギンのマークが表示されます。その後、本来なら「Android」のロゴが出て起動プロセスに移行するのですが、この段でブラックアウト
更に詳しく観察をすると、充電中は赤点灯が濃い色?なのに、電源投入すると薄い色?になります。
どうも、感覚から電圧不足?って感じがします。
とりあえず、本日はココまで
後ほど、更に探ってみたいと思います。
スポンサーサイト



98like
98like

埼玉に潜伏している、チョイ悪親父です!
見かけても石は投げないで下さい。
m(_ _)m

管理者:よっしー

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック