アイキャッチ画像
以前、チビ達の抗争に巻き込まれて故障したDSLを任天堂に修理に出した際、タッチパネル&ボタン下のゴム&ヒンジ交換の修理内容で、結局新品交換対応という形で修理から帰って来ました。
この時の修理代金は5,000円也!
今まで何度も無料修理をしていただいたので仕方が無いのですが、DSiが出てからあまり使われなくなったDSLの修理に5,000円はもう出せないので、今回は自己修理する事にしてみました。

今回の故障内容はタッチパネルの座標軸ズレ(補正機能不能)
プラス、ボタン下のゴム交換(十字キーのタッチ改善の為)

タッチパネルは600円前後で調達出来るし、ボタン下のゴムも200円位で購入可能です。

タッチパネル交換
↑下にあるのが新品のタッチパネルです。何故か保護フィルムに落書きがされてますが、まあ気にしない

DSL裏1
↑赤丸の部分のネジを外します。ゴム足を外すと下にネジが隠れています。またバッテリーを外すとその下にもネジがあります。

DSL裏2
↑赤丸の部分がY字ドライバーで外します。黄色丸の部分は普通のプラスドライバーで外します。ネジを全て外すと本体裏側が外せます。外す際は電源スイッチ&ボリュームレバーを折らないよう気を付けましょう!

DSL中1
↑赤丸のネジ2箇所で基盤が固定されているので、これを外します。LRボタンも外します。LRボタンを外す際はバネが付いているので飛ばしてなくさない様に気をつけましょう!!

DSL中2
↑更に無線アンテナ線を外します。白い線は外すだけでOK。黒い線は外した後にDSカードスロットの下を通して外す必要があります。

DSL中3
↑本体がわを持ち上げて基盤と本体を外しますが、この際に上画面と基盤を繋ぐフラットケーブル(黄色丸)を切らない様に注意しながらはずしましょう。また、各種ボタンが落ちてくるので注意が必要です。
下画面を外すためには赤丸のフラットケーブルも外す必要があります。

DSL中4
↑基盤が外れたら基盤を裏返してタッチパネルと基盤を繋ぐフラットケーブルを外します。
これで、ようやく下画面&タッチパネルを外す事が出来ました

下画面&タッチパネル
↑この写真では分かりませんが、下画面は3層構造になっています。
上層が画面保護のシート。本体と同色の枠も付いています。
中層がタッチパネル。今回交換するのはココ!!
下層が液晶パネル。
液晶パネルとタッチパネルは黒いゴム状のパッキンで固定されているので、破かない様に最新の注意を払って剥がしましょう

タッチパネル
↑液晶パネルに新しいタッチパネルを張り付けました。後は保護フィルムを外して枠付きの保護シートを乗せれば交換作業終了
この時、枠付きの保護シートはズレない様に最新の注意で貼り付けましょう。少しでもズレると組上げた時に本体ガワと液晶の繋ぎ目に隙間が出来てしまいます。

タッチパネル交換終了
↑逆の手順で組み立てれば、無事にタッチパネル交換は完了です
何度試しても座標補正プログラムがエンドレスで調整出来なかったDSLですが、タッチパネル交換で無事に調整を済ます事が出来ました

今回の作業は、比較的簡単な部類になると思います。
調達が出来るのなら液晶パネルとタッチパネルを張り付ける黒いゴムパッキンと上層の枠付き保護シートも購入した方がより綺麗に楽チンに作業出来ると思います。
ココだけの話、今回注文したタッチパネルは1枚だったのですが何故か箱の中には2枚入っていました。1枚は落書きの無い通常通りの品、もう1枚は今回交換に使った保護ファイルムに落書きの書いてある品。この落書き品はフラットケーブルの部分が折れかかっている?様に見えたので不良品が混じってしまったのかと思ったのですが、結果的には良品でした
ラッキー♪
これで、もう一台修理出来るかな


※小技を一つ・・・
ネジ小技
携帯型ゲーム機は細かいネジが沢山使われているので、なくさない様に&何処にどのネジが使われていたか忘れない様にセロハンテープを有効利用します。机にテープを張り付けて外したネジを貼り付けます。使われていた場所と大まか同じ場所に固定しておけば組立の時に迷わずに済みます
スポンサーサイト



98like
98like

埼玉に潜伏している、チョイ悪親父です!
見かけても石は投げないで下さい。
m(_ _)m

管理者:よっしー

コメント

コメントがありません。

  • tatsu
  • URL
下液晶の

下液晶の小さいフラットケーブルが挿せないのですが
やり方がありましたでしょうか?v-12

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック